excitemusic

社会人サッカー活動報告
by z8fsszvzqd
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は25日、国会内で原口一博総務相と会談し、政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)による事業仕分け第2弾の後半戦で「廃止」と判定された宝くじの関連事業に絡み、宝くじの発売中止を求めるとした仕分けの結論を事実上、撤回した。

 枝野氏は会談で原口氏に対し「(宝くじ関連法人の)天下りの問題意識は共有しているが、直ちに(宝くじの)発行認可を止める話ではない」と伝えた。

 原口氏も25日の記者会見で「指摘された点はしっかり改善し、宝くじをやめないよう全力を挙げて改善に取り組む」と述べた。

 21日の仕分けでは、天下り役員の高額な給料や豪華なオフィスなどの問題が解決されるまで、宝くじ発売を中止するよう原口氏に要請すると結論づけていた。

 一方、事業仕分け第2弾後半戦は25日、公益法人など70法人の82事業を対象にした作業を終えた。「廃止」判定は31法人の39事業。政府は結果を公益法人改革に反映させる。

 25日の作業では、農村環境センターによる「田んぼ生き物調査」事業を、「いったん廃止して国へ戻す」と判定。司法協会が請け負う裁判記録のコピー業務については「対面式で1枚50円は高すぎる」として「見直し」と判定。所管する法務省に、料金値下げの指導を求めた。全日本トラック協会の「都道府県トラック協会からの出捐(しゅつえん)金による事業」は見直しを求めた。

【関連記事】
内田裕也さん、蓮舫氏に花束 仕分けを傍聴
宝くじ発行停止を撤回 枝野行政刷新相と原口総務相が協議
「宝くじ、発行停止はできない」総務相、宣伝事業の廃止急ぐ
事業仕分け、競輪の還付など廃止判定 「効果ない事業押しつけ」
事業仕分け 建設8団体、随契で内部留保165億円 縮減判定
虐待が子供に与える「傷」とは?

鳩山首相「社民党には連立の中で頑張ってもらう」(読売新聞)
<常用漢字>191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)
原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
一体誰がいつのまに…「こち亀」麗子像が真っ直ぐに(産経新聞)
自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる(読売新聞)
[PR]
by z8fsszvzqd | 2010-05-27 12:52

元副署長の整理手続きは7月=明石歩道橋事故―神戸地裁(時事通信)

 兵庫県明石市の歩道橋事故で、検察審査会の議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制起訴された元県警明石署副署長榊和晄被告(63)について、神戸地裁は14日までに、第1回公判前整理手続きを7月29日に行うことを決めた。
 榊被告は神戸第2検察審査会が強制起訴できる「起訴議決」をしたことで、制度導入後初のケースとして、4月20日に地裁が指定した検察官役の弁護士に在宅起訴された。指定弁護士は証拠整理に時間がかかるとして、地裁に初回の公判前整理手続きまで3カ月空けるよう求めていた。 

【関連ニュース】
JR西歴代3社長を強制起訴=検察審議決で弁護士
歩道橋事故、元副署長を強制起訴=検察官役、制度導入後初
元副署長、20日に強制起訴=検察審査会の議決受け
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士
元副署長、4月にも聴取の意向=起訴議決で指定弁護士

小沢氏、証人喚問出席「考えておりません」(産経新聞)
ツイッター議員急増中 夏の参院選に影響も(産経新聞)
<川渡り神幸祭>貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)
13年までに「国民ID制」導入=法制整備も明記−IT戦略本部(時事通信)
<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
[PR]
by z8fsszvzqd | 2010-05-18 16:14

B型肝炎訴訟 閣僚会議で政府方針を決定 和解協議へ(毎日新聞)

 集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染したとして、患者らが国に損害賠償を求めている訴訟で、政府は9日、札幌、福岡両地裁で3月に出された和解勧告に応じる方針を決めた。原告側は既に、和解協議入りを表明している。札幌地裁の次回期日の今月14日以降、協議が始まる見通しだが、救済範囲や補償額などを巡る双方の主張は隔たりが大きく、早期の全面解決につながるかは不透明だ。

 9日は鳩山由紀夫首相や仙谷由人国家戦略担当相、長妻昭厚生労働相ら関係閣僚が首相公邸で協議。出席者の一人は協議後、「最終決定ではないが、早期解決を目指す意識は共有できた」と説明。一方で、国側が14日に救済範囲など具体的な条件を示すことは困難との認識も示し、裁判所の指揮下で救済の枠組み作りを進めることになる見通しを語った。

 予防接種によるB型肝炎ウイルスへの感染を巡っては、最高裁が06年6月、ウイルス感染の危険性を認識しながら注射器の使い回しを放置したとして国の責任を認め、北海道在住の5人の勝訴が確定した。しかし、国が患者の一律救済に応じなかったため、08年3月に道内の別の5人が提訴。その後も提訴が相次ぎ、東京や大阪、広島など全国10地裁で420人(家族ら10人含む)が係争中だ。

 原告側は、予防接種が原因と推定される患者全体の救済を求めている。しかし、国側は財源の問題などから、母子手帳で接種記録が確認できることなど感染経路の厳格な証明にこだわっており、協議は難航も予想される。

 弁護団によると、原告のうち36人が肝がんになり、286人は肝硬変や慢性肝炎を発症。原告・弁護団は和解による早期の全面解決を訴え、11〜12日に東京都内で集会や街頭活動を行うとともに、与野党幹部らとも面談して政府への働きかけを求める。【佐々木洋、青木純】

 ◇ことば B型肝炎

 B型肝炎ウイルスに感染することで起きる肝臓の病気。主に血液を介して感染し、出産時の母子感染や輸血などの感染ルートがある。国内の感染者は推計110万〜140万人。集団予防接種でも、旧厚生省が通達で禁止する88年ごろまで注射器の使い回しが放置されたために感染を引き起こしたが、感染者数は分かっていない。C型肝炎に比べ、若いうちに肝硬変や肝がんに至るケースが多いのが特徴。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:原告が抗議行動…厚労相面談拒否で
B型肝炎訴訟:札幌地裁が国・患者側に和解勧告 全国で初
B型肝炎訴訟:大阪も和解へ
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月
B型肝炎訴訟:早期解決を求め、福井でも街宣活動 /福井

子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
<JR中央線>衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休(毎日新聞)
居酒屋強盗、系列店店長刺し40万円奪う 大阪・西淀川(産経新聞)
[PR]
by z8fsszvzqd | 2010-05-10 23:22