excitemusic

社会人サッカー活動報告
by z8fsszvzqd
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は8日夜の記者会見で、参院選マニフェストで焦点となっている平成23年度以降の子ども手当満額支給(月額2万6千円)について「財政面の問題が大きく、現金での満額支給は非常に難しいと考えている」と述べた。

 民主党は先月、参院選マニフェスト論議の中で、23年度以降の子ども手当の現金での満額支給を断念し、現行の1万3000円からの上乗せ分を現金給付にするか、保育サービスなどで現物給付にするかどうかを自治体の判断に委ねる方針を固めている。

【関連記事】
240世帯分の子ども手当支給漏れ 岡山・玉野市
「新内閣は国家ビジョンを」 関西経済同友会の山中諄代表幹事
仕分け3奉行に期待感 世論調査
給付型奨学金導入の是非は 国民負担も増えて…
日本浮沈 握る菅流采配 新首相指名 消費増税が焦点
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
口蹄疫 対応人員の増派を検討 菅首相(毎日新聞)
「なぜ起きたのか」「忘れないで」=安全な街願う―秋葉原無差別殺傷から2年(時事通信)
大津市長「市議実働50日未満」…反発受け謝罪(読売新聞)
[PR]
by z8fsszvzqd | 2010-06-15 10:20

「安平、ご苦労さま」育てた永野さん手合わせる(読売新聞)

 「安平」を育てた宮崎市の繁殖農家、永野正純さん(61)は、殺処分が行われた県家畜改良事業団の方角に向かって「ご苦労さま」と手を合わせた。

 「すごいやつだった」。生後8か月まで育てた永野さんは振り返る。「生まれた時は普通の牛と変わらんかったけど、8か月で271キロになった。同じ系統の牛は普通240キロ以下ですよ」

 8か月で事業団に引き取られて種牛に。肉質は最高品質で、人気は急上昇した。競りに出される子牛の血筋に「安平」の名前が入っているだけで平均35万円が40万円になった。県外の畜産関係者から「精液が欲しい」という電話もかかってくるようになった。

 「安平」は、約22万頭の子牛を生み出した。2007年には、その子牛を含む宮崎県産牛が「和牛のオリンピック」と呼ばれる全国和牛能力共進会で最高賞を受賞した。4月12日の誕生日には時々会いに行き、「おう、元気か」と励ますように頭をたたいた。だが今年の誕生日は競りと重なり、顔を見られなかったことが心残りだ。

 「宮崎の畜産がここまで発展したのは安平のおかげ。ありがとうと言いたい。口蹄疫を早く終息させてほしい」と語った。

八ヶ岳連峰・赤岳で男性滑落死…冬装備なし(読売新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
<普天間>首相「理解に努力する」 社民党の閣議署名拒否(毎日新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
[PR]
by z8fsszvzqd | 2010-06-02 08:19